家庭用脱毛器って知ってる?種類もメリットも多いかも?

家庭用脱毛器は、家庭で行う最善の脱毛です。
カミソリや毛抜きなどとは違い、エステやクリニック同様の方法で、自己処理ができます。

その種類は、
・フラッシュ
フラッシュライト連射によって、毛根を刺激します。
エステと同じですね。

・ヒーティング
熱で毛根から抜き切ります。
熱いですが、仕上がりはとてもキレイです。

・レーザー
毛根から根こそぎ毛を除去。
クリニックと同じです。

しかし、エステとクリニックと大きく違うのは、その出力です。
家庭用脱毛器では、肌に優しい代わりに脱毛効果は、エステやクリニックとは段違いです。
何がどう違うか?というと、1回で処理できる限度がありますから、頻繁に行わなければならないのです。

家庭の脱毛でというと、カミソリ、毛抜き、除毛クリームが簡単にできる自己処理ですが、その中で群を抜いて効果的なのが家庭用脱毛器であり、他とは異質の存在です。

・ケノン
家庭用脱毛器の代名詞とも言えるケノン。
とても人気があり、ショッピングサイトで常に上位和占めています。
エステサロンの技術力を家庭にもちこんだケノンは、痛みがない、熱くならないことで、多くの方の支持を受けています。

・トリア
レーザーの家庭用脱毛器。
アメリカで人気のレーザーで、出力が低いですから、肌への刺激もなく、スピーディーな脱毛ができます。
本体は他の脱毛器よりも高いですが、カートリッジ交換がないため、ランニングコストは結果的に安上がりになります。

・イーモリジュ
照射面積が広く、全身脱毛に向いています。
フラッシュ脱毛で、トリプルショット機能があるから、とにかく速い。

新製品が出るたびに進化する家庭用脱毛器は、最も新しいものがベストといえるでしょう。
2万円台からありますが、カートリッジがある場合は、ランニングコストも考慮してね。
美容サロンにいくまでもない、行きたくない、地元のエステがない、しかしキレイな脱毛をしたい方にお勧めです。

ほぼ全身、男性のヒゲの男性もできます。
それぞれの家庭用脱毛器の公式サイトをご確認の上、どれが良いかを確認してください。
レーザーがベストだけど、肌への刺激も大きいですし、間違った使い方をすることで、脇などに炎症を起こしたり、火傷をする方も多いです。

痛みなども脱毛部位を冷やさなければならない家庭用脱毛器もありますから、取り扱い説明書は必ず確認してくださいね。

エステにいくのは恥ずかしいVラインIラインの脱毛はもちろん、ヒザ、ヒザ下などもお得に脱毛ができます。
お金のことを考えると、エステなどとは家庭用脱毛器はやっぱりお得かな?
上手にできたら、ブロ並の仕上がりですから。

しかし、もし肌に異常があれば、すぐに医療機関に行くようにしてください。
素人判断は、その後の肌に大きく影響します。